注目キーワード

Steamからゲームをアンインストールする方法を図解付きで解説【削除】

Steamからゲームをアンインストールする方法を図解付きで解説しています。

Steamでダウンロードしたゲームは自動で更新されていきます。その為遊ばなくなったゲームのアップデート等でPCの容量が圧迫されていきます。
遊ばなくなったゲームはアンインストールしておきましょう。

またいつか遊ぶ可能性のあるゲーム等はセーブデータが気になると思いますが、その点も解説していきます。

Steamからゲームをアンインストール

Steamからゲームをアンインストールする手順を解説します。

アンインストールする前にクラウドセーブ対応なのか確認する

まず、ゲームがクラウドセーブに対応しているのか確認しておきましょう。
クラウドゲーム対応のゲームのセーブデータはクラウドに保存されますので、再度インストールした際に元々のセーブデータの続きから始めることが出来ます。

Steamを開いて「ライブラリ」を選択します。

メニューからアンインストールするゲームのタイトルを選択します。

「詳細を表示」をクリックして、詳細の赤枠の項目にクラウドセーブとあればクラウドセーブ対応のゲームです。

また、クラウドセーブと表示されていない場合でもアカウントとゲームデータが紐づけられている場合はデータが残ります。

それ以外のゲームデータはゲームをアンインストールした際もデータは残ります。

※Steam本体を削除した場合、データも削除されますのでご注意ください。

ゲームをアンインストール

ライブラリからゲームタイトルを選択し、「設定」から「管理」を選択し、「アンインストール」をクリックします。

ポップアップウィンドウにて「アンインストール」をクリックするとアンインストール完了です。

この状態で再度ゲームを遊ぶ場合は再度ダウンロードする必要があります。

アカウントからゲームを削除する

今後遊ぶ予定がないゲームやサービス終了したゲーム等はアカウントからゲームの削除もしておきましょう。

※有料で購入したゲームをアカウントから削除した場合、再度遊ぶためには再購入の必要があります。

ライブラリからゲームタイトルを選択し、「設定」から「管理」を選択、「アカウントから削除」をクリックします。

ポップアップウィンドウにて削除を選択するとアカウントから削除されます。